産経ニュース

【戦後70年 東北の記憶】男鹿脇本事件(上)水際で捕まった北の工作員

地方 地方

記事詳細

更新

【戦後70年 東北の記憶】
男鹿脇本事件(上)水際で捕まった北の工作員

34年前に北朝鮮工作員1人が逮捕され、2人が逃走した男鹿脇本事件の現場。日が暮れると波の音だけが響く=秋田県男鹿市脇本

 「おい、待て!」。漆黒の日本海に私服警察官2人の声が響いた。

 34年前の昭和56年8月5日午後10時ごろ、秋田県男鹿市脇本の海岸。消波ブロックの上にいた不審な3人の男が一斉に海に飛び込んだ。

 ウエットスーツ姿の一人がゴムボートに乗って先に逃げ、もう一人も素早い泳ぎでボートに追い付いた。残るアノラック姿の男はぐんぐん離されていった。

 私服警察官は無線で応援を求めた。男鹿署員が漁船を借り上げて捜していたところ、泳いでいた男を見つけ、海に飛び込んで捕まえた。ゴムボートの2人は発見できなかった。

 消波ブロックに残されたボストンバッグには、現金20万円や北朝鮮製の衣類が入っていた。

 ◆1カ月訓練受け戻る

 男は東京都江戸川区西葛西に住む29歳の在日韓国人で、外国人登録証を持っていなかったため外国人登録法違反の疑いで逮捕。出入国管理令違反の疑いで再逮捕された。

 和歌山県出身で、東京の大学の建築学科を卒業した後、6月まで在日本韓国YMCAに勤務していた。取調官に、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)を通じて弁護士を呼ぶよう要求した後、黙秘を続けたが、周辺捜査などから、1月に北朝鮮工作員として取り込まれ、反韓国教育を受けた後、7月5日に同じ海岸から工作船で密出国したことが分かった。

 「7日5日夜、行ってしまった」「あと1週間で北朝鮮から帰ってくる」…。

 自宅の家宅捜索で押収された妻の日記には、男の行動や予定が記されていた。平壌(ピョンヤン)で1カ月間、工作員としての訓練を受け、対韓国工作のための準備や在日韓国・朝鮮人に対する金日成(キム・イルソン)思想の浸透などの任務を指示され、密入国したところだったのだ。

 ゴムボートで逃げた2人は朝鮮労働党作戦部に所属する「戦闘員」と呼ばれる案内役の工作員で、沖に停泊していた工作船で北朝鮮に戻ったとみられる。