産経ニュース

大阪・富田林の小学生、「奇跡の復興米」の田植え

地方 地方

記事詳細

更新


大阪・富田林の小学生、「奇跡の復興米」の田植え

 富田林市で4日、東日本大震災で被災した岩手県大槌町のがれきの中で実っているのが見つかった「奇跡の復興米」の田植えが始まった。梅雨晴れの中、富田林市立喜志小学校の5年生80人が、同市喜志町の水田に苗付けした。

 復興米は、震災7カ月後の平成23年10月、岩手県大槌町の菊池妙さん(74)が自宅跡に見つけた3株の穂から始まった。この穂を、岩手県のNPO法人「遠野まごころネット」が育て、26年秋には約12トンを収穫。大槌復興米として販売されている。

 富田林市が大槌町に復興支援をしていたことから、昨年、種もみ1キロが同市の市民団体へ寄贈され、約150キロを収穫した。今年はそのうち40キロを種もみとし、市内の小学5年生約千人がバケツで栽培、千早赤阪村の棚田などでも田植えが行われる。

 同小5年の森口奏太さんは「田植えは初めてですが、泥に入って楽しかった。丁寧に育てたいという気持ちで植えました」と話した。