産経ニュース

下田乳児殺害死体遺棄初公判 母親、起訴内容認める 静岡

地方 地方

記事詳細

更新


下田乳児殺害死体遺棄初公判 母親、起訴内容認める 静岡

 下田市の住宅で昨年10月、乳児2人の遺体が見つかった事件で、殺人と死体遺棄の罪に問われた母親で飲食店従業員の高野愛(いつみ)被告(29)=同市高馬=の裁判員裁判初公判が25日、静岡地裁沼津支部(斎藤千恵裁判長)で行われ、高野被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 検察側は冒頭陳述で、高野被告が母子家庭で3人の子供を抱え、2度の中絶をしていたことを指摘。平成25年7月に乳児の遺体を遺棄した理由について、「子供を育てる手間やカネがなく、中絶する費用がなかった」とした。また26年9月に殺害した女児についても、「産婦人科で受診したが中絶できず、『生きて生まれたら隠してしまおう』と殺害を決意した」と述べた。弁護側は3人の子供の今後の生活などを理由に量刑への配慮を求めた。

 起訴状によると、高野被告は25年7月ごろ、出産した乳児の遺体を発泡スチロールの箱に入れて自宅の天井裏に遺棄。26年9月21日ごろには、出産した女児を押し入れ内の衣装ケースに入れて放置し、殺害したとしている。