産経ニュース

JR九州役員人事 女性初、常勤役員起用へ

地方 地方

記事詳細

更新


JR九州役員人事 女性初、常勤役員起用へ

後藤靖子氏

 JR九州は25日、国土交通省出身で同社顧問の後藤靖子氏(57)を常務に起用する人事を発表した。同社の女性常勤役員は初めて。

 6月1日付で鉄道事業本部副本部長と旅行事業本部長に就任し、同月19日の株主総会と取締役会で正式に常務に就任する。

 後藤氏は昭和55年に旧運輸省(現国交省)に入省。政府観光局ニューヨーク観光宣伝事務所長、山形県副知事などを歴任した。平成26年10月からJR九州顧問に就いていた。青柳俊彦社長は25日の記者会見で「外国人観光客の誘致などの面でいろいろと示唆をいただきたい」と述べた。

 同社取締役には、JR九州鉄道営業の盛沢篤司社長(52)も就任する。日高淳一、松本喜代孝両取締役は退任し、それぞれ鹿児島ターミナルビル社長、九鉄工業常務取締役に就任予定。