産経ニュース

バカラ賭博容疑で経営者ら5人逮捕 横浜・伊勢佐木町

地方 地方

記事詳細

更新


バカラ賭博容疑で経営者ら5人逮捕 横浜・伊勢佐木町

 客にバカラ賭博をさせていたとして、県警生活保安課などは13日、賭博場開張図利の容疑で、横浜市中区伊勢佐木町のカジノ賭博店「SPICE(スパイス)」を摘発し、経営者の中村崇嗣容疑者(35)=同市旭区=と、33~37歳の従業員の男4人を逮捕した。また、摘発時に店内にいた20~50代の男女9人を賭博容疑で任意同行した。

 中村容疑者ら5人の逮捕容疑は、ほか数人と共謀し、13日午前に同店内で賭博場を開設し、客にバカラ賭博をさせて手数料を徴収していたとしている。中村容疑者ら4人は容疑を認め、1人は「賭博をやっていたのは知らない」と否認している。

 同課によると、同店は3月下旬に雑居ビル4階で開店。入り口はシャッターや鉄の扉で閉ざし、防犯カメラで客を確認した上で開けていた。24時間営業で、1日約300万円を売り上げていたという。