産経ニュース

長野県産原料100%の信州そば茶 「エキナカ市場」投入、10日発売

地方 地方

記事詳細

更新


長野県産原料100%の信州そば茶 「エキナカ市場」投入、10日発売

 信州産ソバを100%使った「信州そば茶」が10日、巨大マーケットになると注目されている駅構内での「エキナカ」ビジネスの商品として登場する。JR東日本の各駅構内に設置された自動販売機を独占的に管理運営する「JR東日本ウォータービジネス」(東京)が、オリジナル地産飲料として開発したもので、「北陸新幹線金沢延伸開業に合わせて、信州の豊かな風土から生まれた飲料として、首都圏の人たちにアピールしたい」としている。

 同社がエキナカで管理運営する自動販売機は、異なるメーカーの清涼飲料を販売するブランドミックスタイプが主流。駅構内にあるブランドミックス自販機は約7千台に上るが、オリジナル商品の開発にも力を入れており、現在41品目をラインアップする。さらに、昨年9月にはエキナカ専用飲料ブランドとして「acure made(アキュアメイド)」を立ち上げ、自販機での販売を通して得られる膨大なデータを活用しながら、エキナカという巨大市場を最大限活用するための販売戦略を展開している。

 同ブランドとして第6弾となる「信州そば茶」は、JR東日本長野支社の提案を受けて、そば粉製造販売の日穀製粉(長野市)が仕入れた県内産のソバとダッタンソバの実を100%使用して開発。すっきりした香ばしい味わいが特徴で、ノンカフェイン、ノンカロリーの飲料として、30代から40代の女性をメーンターゲットに想定している。1本280ミリリットル入りで価格は130円。

 同社の鈴木浩之社長は「信州産の原料を使った飲料は当社として初めて。県のブランド戦略『おいしい信州ふーど(風土)』の商品として、エキナカにしかない価値を乗降客に届けたい」と販路拡大に意欲を示す。当面は原料確保の制約から72万本の限定販売だが、「売れ行きが好調ならシリーズ化も考えたい」と鈴木社長。首都圏を中心に約4千台の自販機で販売されるほか、エキナカ店舗や北陸新幹線で車内販売される。