産経ニュース

アグリホープ九州・福岡が学生の農業研修受け入れへ

地方 地方

記事詳細

更新


アグリホープ九州・福岡が学生の農業研修受け入れへ

調印式に臨むアグリホープ九州・福岡代表世話人の鶴基氏(左)と全国学生連携機構代表理事の徳本進之介氏(右)=28日午後、福岡市

 九州農業の活性化に取り組む「アグリホープ九州・福岡」(鶴基(もとき)・代表世話人)は28日、全国学生連携機構と提携し、学生を農業研修生として受け入れると発表した。同日、ホテルレガロ福岡(福岡市博多区)で調印式が行なわれた。

 アグリホープは、JAふくおか八女(福岡県八女市)の若手農家が、新たな農業人材の育成などを目的に、昨年10月に結成した。農業に経営感覚を取り入れようと、経済団体主催の学習会などに参加している。

 今回、若者に就農者不足など農業の現状を知ってもらうため、全国学生連携機構(約6500人)との連携を決めた。

 同機構代表理事の徳本進之介氏(早稲田大4年)は「社会人になる前に、自然と向かい合う農業に関わり、学生にとって、生き方について考えるきっかけになればよい。将来は耕作放棄地などの農業の課題解決につなげたい」と語った。