産経ニュース

車暴走の男を危険ドラッグ使用容疑で再逮捕 神奈川

地方 地方

記事詳細

更新


車暴走の男を危険ドラッグ使用容疑で再逮捕 神奈川

 県央部で昨年9月に車が暴走して4人が軽傷を負った事件で、危険ドラッグを使用したとして、戸塚署は14日、薬事法(現・医薬品医療機器法)違反(指定薬物の所持・使用)の疑いで、車を運転していた横浜市瀬谷区南瀬谷の会社員、荷口忍被告(39)=窃盗罪などで公判中=を再逮捕した。

 再逮捕容疑は、昨年9月上旬ごろから同月11日ごろまでの間、県内などで指定薬物を含む危険ドラッグの液体を自分の体に注射し、同市戸塚区汲沢町などの路上で同じ液体を所持したとしている。「違法ではないと思っていた」などと、容疑を否認しているという。

 県警によると、荷口容疑者は同日午後、上半身裸の状態で大和市内のラブホテルから出た後、乗用車や盗んだトラックなどで県央部を暴走。約3時間半の間に約10台の車に衝突するなどして、男女4人に軽傷を負わせていた。

 その際、荷口容疑者の半ズボンのポケットや車内から危険ドラッグの入ったプラスチック容器や注射器などが見つかっており、県警が荷口容疑者の尿を鑑定するなど、分析を進めていた。