産経ニュース

茨城・つくば市をアピール 29日から7日間、山手線に中吊り広告

地方 地方

記事詳細

更新


茨城・つくば市をアピール 29日から7日間、山手線に中吊り広告

山手線に掲出される中吊り広告

 つくば市は、29日から10月5日までの7日間、JR山手線の全車両に中吊(づ)り広告を掲出する。市の認知度アップを図り、市内のつくばエクスプレス(TX)沿線開発地区への定住促進につなげるのが狙い。

 広告は黒地に、市をPRするブランドスローガン「つくば、ホンモノ!」のロゴマークを配したデザイン。子育て世代の20~40代のうち、賃貸住宅に暮らす都心勤務者をターゲットにした。

 広告の右下には、市のイメージキャラクター「フックン船長」と「つくば、なにモノ?」の文字を掲載。この文字をインターネットで検索すると、市のプロモーションサイトに誘導する仕掛けになっている。