産経ニュース

「シモバシラ」で秋の花見 大阪府立花の文化園で開花

地方 地方

記事詳細

更新


「シモバシラ」で秋の花見 大阪府立花の文化園で開花

 冬に枯れて茎の根元に氷の結晶ができるため、その名がついたとされるシソ科の多年草「シモバシラ」が、河内長野市の府立花の文化園で開花時期を迎えた。花の見頃は10月上旬まで。

 同園によると、シモバシラは通常、10月に入ってから開花するが、今年は夏に気温が低かったため半月ほど早く開花した。花茎に、一方向に清楚な白い花をたくさん咲かせる。

 園の担当者は「遠目にはうっすらと雪を被ったようで魅力的です。少し早めの秋の花見をしませんか」と観賞を呼びかけている。

 開館時間は午前10時~午後5時。毎週月曜休園。入園料は大人500円、高校生300円、中学生以下無料。問い合わせは同園(電)0721・63・8739。