産経ニュース

中古再利用「みどりの自転車」 無料貸し出し活動、信大生らも協力 長野

地方 地方

記事詳細

更新


中古再利用「みどりの自転車」 無料貸し出し活動、信大生らも協力 長野

 緑色に塗った中古自転車を「みどりの自転車」として市民や観光客に無料で貸し出す活動が、長野市で行われている。同市のボランティア団体「みどりの自転車NASL」(倉嶋康団長)が平成15年から実施しているもので、共感した長野高専や信州大の学生らが活動に協力している。

 信大工学部の「ISO環境学生委員会」の学生9人は今月3日、同市の信大工学部キャンパスで、「みどりの自転車」に使用する中古自転車を緑色のペンキで塗る作業を行った。活用したのは卒業生が提供した5台の中古自転車。委員長で工学部3年の澤田純平さん(20)は「リサイクルができ、市民の役にも立ててうれしい」と話していた。

 この活動ではこれまでに延べ約1450台が貸し出され、8万8千人以上が利用した。当初は台数が不足していたことから、窮状を知った長野高専の学生会が18年から、卒業生の放置自転車を修理して同団体に提供、24年からは信大の同委員会も活動に加わった。

 現在、稼働しているのは4台のみだが、長野高専と信大の今年度の提供によって10台を超える見通し。「みどりの自転車」は同市のもんぜんぷら座「グリーンステーション」で、午前9時から午後5時まで、無料で借りられる。