産経ニュース

【検証!千葉の伝説・噂】(6)千葉テレビの枠を買った男がいた? ジャガーさん、「自分」を11年半放送 

地方 地方

記事詳細

更新

【検証!千葉の伝説・噂】
(6)千葉テレビの枠を買った男がいた? ジャガーさん、「自分」を11年半放送 

 「ジャガーでーす」

 インパクトのあるハスキーな声と金髪、こわもての外見。独特の音楽性。県内を中心に活動するミュージシャンのジャガーさんは、昭和の終盤以降に一部の若者から熱烈な支持を受け、数々のテレビ番組や雑誌に登場していた有名人だ。

 ジャガーさんには「実はお金持ちで、千葉テレビの枠を買い、自分の番組を10年以上放送した」という破天荒な伝説がある。その番組とは、昭和60年から平成22年に3期間にわたって計約11年半放送された「ハロージャガー」。自作曲とDJで構成される週1回程度の放送は「難解」とも言われ、番組自体も伝説的に語り継がれる。

   ? ? ?  

 幕張メッセ(千葉市美浜区)で4月に開かれた、みうらじゅんさんらのイベントにゲスト出演したジャガーさんを直撃した。最近はテレビなどの出演は少なく、この日のようなイベント出演も年に数回程度という。だが、動画配信のユーストリームで毎週生放送を行っており、活動はバリバリの現役だ。

 千葉テレビの枠を買っていたのは事実という。「自分の曲を広く届けるために考えた」もので、実はテレビ東京とも交渉したが、「高いのでやめた」そうだ。週1回の番組は自ら制作・出演・編集したもので、「放送局と同じ機材をそろえたから、最初は莫大(ばくだい)な投資だった。1億円ぐらいかな…」。

 さて、テレビの枠はいくらあれば個人で買えるのか。そこは「秘密」とのことで、千葉テレビからも回答は得られなかった。