産経ニュース

【平昌パラ】新田佳浩、2冠を果たしたバンクーバー大会以来自身3個目の「金」 日本の今大会の金メダルは3個で合計9個

平昌五輪 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌パラ】
新田佳浩、2冠を果たしたバンクーバー大会以来自身3個目の「金」 日本の今大会の金メダルは3個で合計9個

ノルディックスキー距離男子10キロクラシカル立位で金メダルを獲得し、笑顔でガッツポーズする新田佳浩 =17日、アルペンシア・バイアスロンセンター(桐原正道撮影) ノルディックスキー距離男子10キロクラシカル立位で金メダルを獲得し、笑顔でガッツポーズする新田佳浩 =17日、アルペンシア・バイアスロンセンター(桐原正道撮影)

 【平昌=川峯千尋】平昌パラリンピック第9日は17日、ノルディックスキー距離の男子10キロクラシカル立位で新田佳浩(日立ソリューションズ)が金メダルを獲得した。スプリント・クラシカルの「銀」に続く表彰台で、2冠を果たした2010年バンクーバー大会以来自身3個目の金メダルとなった。日本の今大会の金メダルは3個で合計9個。

 川除大輝(日立ソリューションズJSC)は10位、佐藤圭一(エイベックス)は11位。視覚障害の高村和人(盛岡視覚支援学校教)は11位だった。女子7・5キロ立位の出来島桃子(新発田市役所)は12位、阿部友里香(日立ソリューションズJSC)は13位。

 アルペンスキー男子は2回の合計タイムで競う回転が行われ、座位で滑降銀メダルの森井大輝(トヨタ自動車)は4位。2連覇を狙った鈴木猛史(KYB)は1回目に転倒し途中棄権した。

 最終日の18日は競技終了後に閉会式が行われる。

続きを読む

「平昌五輪」のランキング