産経ニュース

【平昌パラ】最年長は61歳 パラIH日本代表は平均42歳 個性豊かなおじさん軍団

平昌五輪 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌パラ】
最年長は61歳 パラIH日本代表は平均42歳 個性豊かなおじさん軍団

 韓国戦に向け、本番会場で調整するGK福島(中央)、須藤(右端)らパラアイスホッケー日本代表=9日、江陵(共同)  韓国戦に向け、本番会場で調整するGK福島(中央)、須藤(右端)らパラアイスホッケー日本代表=9日、江陵(共同)

 平均年齢は出場8チームで断トツの41・9歳。パラアイスホッケー日本代表は選手団の主将を務める47歳の須藤悟を筆頭に40代が半数強を占める。チーム最年長は61歳のGK福島忍で、最年少の塩谷吉寛でも29歳。個性豊かな面々が一丸となって戦う。

 17人のメンバーには競技歴20年の大ベテランもいれば、始めて数年という「若手」も。須藤は「みんな好き勝手やる。こうしなさいと言っても違うことをやる人間が多い。ただそれを修正する人間もいる。うまくケミストリー(化学反応)していると思う」と笑う。

 10年大会で決勝に進んだ日本は、前回のソチ大会で出場すらも逃した。年齢も職業もばらばらの集団には共通の思いがある。パラリンピックを通して将来性のある若い選手を取り込み、日本の競技力を再び向上させること。中北浩仁監督は「みんな性格も違うし、腹が立つこともある。でもこの平昌にたどりついたことは大きい。必ずや、やってくれるのではと信じている」と期待した。(共同)

このニュースの写真

  • 最年長は61歳 パラIH日本代表は平均42歳 個性豊かなおじさん軍団

「平昌五輪」のランキング