産経ニュース

【平昌五輪】スピード金・高木菜那に報奨金4千万円 日本電産、3階級特進も 「経営をやってもらいたいぐらい」

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
スピード金・高木菜那に報奨金4千万円 日本電産、3階級特進も 「経営をやってもらいたいぐらい」

所属先の親会社、日本電産を表敬訪問し永守重信会長(右)と写真に納まる高木菜那選手=28日午後、京都市 所属先の親会社、日本電産を表敬訪問し永守重信会長(右)と写真に納まる高木菜那選手=28日午後、京都市

 平昌五輪のスピードスケート女子で二つの金メダルを獲得した高木菜那(25)=日本電産サンキョー=が28日、所属先の親会社である日本電産(京都市南区)を表敬訪問した。永守重信会長(73)は報奨金として計4千万円を贈ると明らかにした。

 永守会長は「世界一の負けず嫌い。会社の経営をやってもらいたいぐらい」とたたえた。高木菜選手は「永守会長の『一番以外はビリや』という言葉があって、一番になりたいという気持ちが出たからこその金メダルだった」と振り返った。

 また、同会長は報奨金計4千万円を会社側と会長個人から贈るとともに、3階級特進で係長に昇進させると明言。「(金メダルを)3個取ってくれたら喜んで6千万円払いますから」と語った。

 高木菜は今後の目標について「膝の治療に専念し、やりたいことに全力を注げるようにしたい」と話した。

「平昌五輪2018」のランキング