産経ニュース

【平昌五輪】菅義偉官房長官「スポーツの持つ素晴らしさ実感」と選手に感謝

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
菅義偉官房長官「スポーツの持つ素晴らしさ実感」と選手に感謝

菅義偉官房長官 菅義偉官房長官

 菅義偉官房長官は26日午前の記者会見で、平昌五輪で日本選手団が過去最多の13個(金4、銀5、銅4)のメダルを獲得したことを踏まえ「選手が持てる力を十分発揮して、スポーツの持つ素晴らしさを国民の皆さんに実感させてくれた大会だと思う。心から感謝と敬意を表したい」と述べた。

 菅氏は「今回の大活躍は、2年後の東京五輪・パラリンピックに大きなはずみになった。過去最高の大会になるよう、関係省庁が一丸となって支援したい」と話した。

 フィギュアスケート男子で、2大会連続の金メダルを獲得した羽生結弦(ANA)らへの国民栄誉賞授与の可能性について問われた菅氏は「五輪が終わったばかりなので、今すぐ考えるということではなくて、いろんなことを、さまざまな要素を考えていく必要があるだろうと思う」との認識を示した。

「平昌五輪2018」のランキング