産経ニュース

【平昌五輪】日本選手団長「最強のチームジャパンであることを実証」 メダル数13個

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
日本選手団長「最強のチームジャパンであることを実証」 メダル数13個

閉会式で入場する日本選手団。過去最多の13個のメダルを獲得し、熱戦の幕を閉じた=25日、平昌五輪スタジアム(納冨康撮影) 閉会式で入場する日本選手団。過去最多の13個のメダルを獲得し、熱戦の幕を閉じた=25日、平昌五輪スタジアム(納冨康撮影)

 【平昌=岡野祐己】平昌五輪は25日、閉幕した。大会に臨んだ日本選手団の斎藤泰雄団長らが25日、記者会見を開き、斎藤団長は史上最多となる13個のメダルを獲得した今大会を振り返り、「最強のチームジャパンであることを実証した。多くの感動を与えてくれた選手たちに心から感謝を申し上げたい」と述べた。

 山下泰裕副団長は「たすきは東京五輪・パラリンピックへと受け継がれた。この勢いを大事にして残された2年半の間、全力を傾けていきたい」と強調した。

 メダル13個のうち8個を女子選手が獲得したことにも触れ「東京五輪・パラリンピックでも女子選手が頑張ってくれると期待している。これだけ成果が挙がったのは何が良くて、何が足りなかったのか。この4年間のプロセスを検証したい」と語った。

このニュースの写真

  • 日本選手団長「最強のチームジャパンであることを実証」 メダル数13個

関連ニュース

「平昌五輪2018」のランキング