産経ニュース

【平昌五輪】ノルウェーがメダル最多 日韓が躍進 中露振るわず

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
ノルウェーがメダル最多 日韓が躍進 中露振るわず

主要国のメダル数 主要国のメダル数

 25日に閉幕した平昌五輪のメダルランキングでトップに立ったのはノルウェー。金14個を含む総数39個は冬季五輪史上最多の総メダル獲得記録となった。

 大きく伸長したのは日本と韓国。日本は1998年長野大会を上回る過去最多のメダル13個を獲得。韓国は金8個を含む20個という目標には届かなかったものの、スケルトン男子で尹誠彬がアジア勢初の金メダルに輝くなど過去最多の総数で、開催国の面目を守った。

 一方、米国は金メダルは4年前のソチ五輪と同数ながら総数で減少。国ぐるみのドーピング問題で個人資格での参加となった「ロシアからの五輪選手(OAR)」は金2個を含む計17個にとどまった。

 4年後に北京大会を開催する中国も頼みの綱であるショートトラックで失格が相次ぎ、獲得した金メダルは1個だけだった。 (五輪取材班)

関連ニュース

「平昌五輪2018」のランキング