産経ニュース

【平昌五輪】北朝鮮が対話攻勢で韓国分断 文在寅政権はテロ主導幹部を擁護

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
北朝鮮が対話攻勢で韓国分断 文在寅政権はテロ主導幹部を擁護

平昌冬季五輪の閉会式に出席のため、珍富駅に到着した北朝鮮の金英哲朝鮮労働党副委員長(中央)と祖国平和統一委員会の李善権委員長(右)ら=25日(共同) 平昌冬季五輪の閉会式に出席のため、珍富駅に到着した北朝鮮の金英哲朝鮮労働党副委員長(中央)と祖国平和統一委員会の李善権委員長(右)ら=25日(共同)

 【平昌=桜井紀雄】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、平昌五輪の開会式に妹の金与正氏を、閉会式に側近の金英哲党副委員長を韓国に送り込んだ。スポーツの祭典の裏では、最後まで生臭い「政治の祭典」が続けられた。金正恩氏は、五輪に乗じた対話攻勢で何を手にしたのか。

 25日の会談で、文在寅大統領が「南北関係が今後、広範囲に進展しなければ」と述べたのに対し、金英哲氏は、金正恩氏も「同じ意志を持っている」と述べた。

 北朝鮮が22日に金英哲氏の訪韓を通告後、文政権は政府を挙げて金英哲氏の擁護に出た。統一省は「哨戒艦撃沈の主犯と特定するのは難しい」との報道資料を配布。情報機関、国家情報院の幹部まで「金英哲氏がはっきりと指示したか分からない」と釈明した。

 金英哲氏の事件への関与は米韓当局がインテリジェンス(情報)を積み重ねて導いた分析だった。北朝鮮に突き付けるべき「情報」という最大の武器を文政権は自ら手放したに等しい。

続きを読む

このニュースの写真

  • 北朝鮮が対話攻勢で韓国分断 文在寅政権はテロ主導幹部を擁護
  • 北朝鮮が対話攻勢で韓国分断 文在寅政権はテロ主導幹部を擁護

「平昌五輪2018」のランキング