産経ニュース

【平昌五輪】低調の中国、唯一の金メダリストが閉会式で旗手 習近平長期政権でスポーツ大国目指す

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
低調の中国、唯一の金メダリストが閉会式で旗手 習近平長期政権でスポーツ大国目指す

平昌五輪閉会式に入場する中国選手団=25日、平昌(ロイター) 平昌五輪閉会式に入場する中国選手団=25日、平昌(ロイター)

 平昌冬季五輪は25日、平昌五輪スタジアムで閉会式を開いた。次回、2022年に北京で冬季五輪を開催する中国の選手団は、スピードスケート・ショートトラック男子500メートルで唯一の金メダルを獲得した武大靖(23)が旗手を務めた。中国の今大会の獲得メダル数は金1、銀6、銅2の計9個で全体の16位にとどまった。

 折しも中国ではこの日、中国共産党中央委員会が国家主席の任期の上限を撤廃する憲法改正案を全国人民代表大会(全人代=国会)に提出したことが明らかになり、習近平国家主席(総書記)の長期政権に現実味が出てきた。

 サッカー好きで知られる習氏はかつて、「スポーツ大国、スポーツ強国の建設は中国国民の奮闘目標『2つの百年』実現の重要な構成部分だ」(人民網)と語ったことがある。

 憲法改正で政権基盤をさらに固めた習氏が、2年後の東京五輪や4年後の北京冬季五輪での中国選手団の躍進に向け、スポーツ強化の大号令を出す可能性もある。(五輪速報班)

「平昌五輪2018」のランキング