産経ニュース

【平昌五輪】OAR選手がIOCに“反抗” メダル授与式で禁止されている「国歌」を斉唱 アイスホッケー男子

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
OAR選手がIOCに“反抗” メダル授与式で禁止されている「国歌」を斉唱 アイスホッケー男子

アイスホッケー男子表彰式 金メダルを獲得したOARの選手たち=江陵(ロイター) アイスホッケー男子表彰式 金メダルを獲得したOARの選手たち=江陵(ロイター)

 平昌冬季五輪で25日に行われたアイスホッケー男子決勝で、ドイツを下して金メダルを獲得した「ロシアからの五輪選手」(OAR)の選手がメダル授与式の際、禁止されているロシア国歌を斉唱していたと、ロイター通信が伝えた。今後、国際オリンピック委員会(IOC)が問題視する可能性がある。

 ロシアは組織的なドーピング問題が発覚したため、平昌五輪では国内オリンピック委員会(NOC)が資格停止処分を受けており、大会中は国旗掲揚や国歌斉唱が禁止されている。ロイター通信によると、ロシアの選手たちはメダル授与式で五輪賛歌が流れている間に、ロシア国歌を歌ったという。

 ロシアとして出場した1998年長野五輪以来、5大会ぶりの決勝に進出したOARは、決勝で延長戦の末にドイツを4-3で勝利。独立国家共同体(CIS)として参加した1992年のアルベールビル五輪以来の金メダルを獲得した。(五輪速報班)

このニュースの写真

  • OAR選手がIOCに“反抗” メダル授与式で禁止されている「国歌」を斉唱 アイスホッケー男子
  • OAR選手がIOCに“反抗” メダル授与式で禁止されている「国歌」を斉唱 アイスホッケー男子

関連ニュース

「平昌五輪2018」のランキング