産経ニュース

【平昌五輪】「自分史上幸せ」「そだねー」 数々の名言が生まれた今大会

平昌五輪 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
「自分史上幸せ」「そだねー」 数々の名言が生まれた今大会

 氷雪の世界で数々の熱戦を繰り広げた平昌五輪は25日、閉幕する。冬季で史上最多となる13個のメダルを獲得するなど日本勢の活躍がひと際輝いた。4年に1度の五輪に照準を合わせて鍛錬を積んできたオリンピアンの言葉は重い。今大会も数々の名言が生まれた。

けがからの復活

 「僕は五輪を知っている」

 今大会で世界からも注目されたのは、フィギュアスケート男子の羽生結弦(23)だ。16日のショートプログラム(SP)で完璧な演技を披露し、けがからの復活をアピールした。

 続く17日のフリーを終えた後は「本当に(昨年11月に痛めた)右足が頑張ってくれた」。金メダルをもらって「自分の人生史上、一番幸せな瞬間」と感涙。1992年バルセロナ五輪競泳女子200メートル平泳ぎを制覇した岩崎恭子さん(39)が「今まで生きていた中で、一番幸せ」と涙した場面を思い起こさせた。

 羽生と一緒に表彰台に並んだ銀メダルの宇野昌磨(20)は同日の記者会見で「日本一になることが世界で一番難しい。(羽生を)いつまでも追いかけたい」と王者への尊敬の念を表した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「自分史上幸せ」「そだねー」 数々の名言が生まれた今大会
  • 「自分史上幸せ」「そだねー」 数々の名言が生まれた今大会
  • 「自分史上幸せ」「そだねー」 数々の名言が生まれた今大会

関連ニュース

「平昌五輪」のランキング