産経ニュース

【平昌五輪】「東京」にバトンつなぐ「平昌」での活躍 「選択と集中」とNT制強化が奏功

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
「東京」にバトンつなぐ「平昌」での活躍 「選択と集中」とNT制強化が奏功

冬季五輪の日本のメダル数 冬季五輪の日本のメダル数

 閉幕を翌日に控えた平昌五輪で日本選手が躍動した。スピードスケートの新種目、マススタートの女子で高木菜那(25)が金メダルに輝くと、カーリング女子でも銅メダルを獲得し、2年半後に迫った「東京」へバトンをしっかりと引き継いだ。過去最多だった1998年長野五輪の10個を上回る13個(金4、銀5、銅4)のメダルを獲得し、日本オリンピック委員会(JOC)が掲げた複数の金メダルを含む9個以上という目標をクリアした。日本選手団の活躍は「東京への機運醸成」にも大きく寄与した。

 史上最多41個のメダルを獲得した2016年リオデジャネイロ五輪同様、強化の基本方針は「選択と集中」。そして所属の壁を越えてナショナルチーム(NT)として強化するシステムだった。NTを軸にした強化では競泳やバドミントン、卓球などで成功例があり、前回ソチ五輪でメダル「ゼロ」と惨敗したスピードスケートが導入、高木美帆(23)らのメダルを後押しした。

 スポーツ関連予算でも今年度334億円。18年度も過去最高を更新する340億円の見込みで追い風が続く。メダル可能性のある競技を集中的に支援するハイパフォーマンスサポート事業では、フィギュアスケート男子とスピードスケート女子、ジャンプ女子が最上位に位置づけられ、いずれもメダルに結びついた。東京で金メダル数「世界3位」というJOCが掲げる目標には30個前後もの金メダルが必要で、スポーツ庁では19、20年度を「ラストスパート期」としてメダル有望競技への「選択と集中」を加速させる方針だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「東京」にバトンつなぐ「平昌」での活躍 「選択と集中」とNT制強化が奏功
  • 「東京」にバトンつなぐ「平昌」での活躍 「選択と集中」とNT制強化が奏功
  • 「東京」にバトンつなぐ「平昌」での活躍 「選択と集中」とNT制強化が奏功
  • 「東京」にバトンつなぐ「平昌」での活躍 「選択と集中」とNT制強化が奏功
  • 「東京」にバトンつなぐ「平昌」での活躍 「選択と集中」とNT制強化が奏功
  • 「東京」にバトンつなぐ「平昌」での活躍 「選択と集中」とNT制強化が奏功
  • 「東京」にバトンつなぐ「平昌」での活躍 「選択と集中」とNT制強化が奏功
  • 「東京」にバトンつなぐ「平昌」での活躍 「選択と集中」とNT制強化が奏功
  • 「東京」にバトンつなぐ「平昌」での活躍 「選択と集中」とNT制強化が奏功
  • 「東京」にバトンつなぐ「平昌」での活躍 「選択と集中」とNT制強化が奏功
  • 「東京」にバトンつなぐ「平昌」での活躍 「選択と集中」とNT制強化が奏功
  • 「東京」にバトンつなぐ「平昌」での活躍 「選択と集中」とNT制強化が奏功
  • 「東京」にバトンつなぐ「平昌」での活躍 「選択と集中」とNT制強化が奏功
  • 「東京」にバトンつなぐ「平昌」での活躍 「選択と集中」とNT制強化が奏功
  • 「東京」にバトンつなぐ「平昌」での活躍 「選択と集中」とNT制強化が奏功
  • 「東京」にバトンつなぐ「平昌」での活躍 「選択と集中」とNT制強化が奏功

「平昌五輪2018」のランキング