産経ニュース

【平昌体温計】韓国のカーリング「不人気種目」だったが…

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌体温計】
韓国のカーリング「不人気種目」だったが…

韓国カーリング女子のスキップ、金ウンジョン。「眼鏡先輩」の愛称が定着した=江陵(共同) 韓国カーリング女子のスキップ、金ウンジョン。「眼鏡先輩」の愛称が定着した=江陵(共同)

 23日、白熱した日韓戦が繰り広げられた江陵カーリングセンター。競技初日の8日、今大会で最初に取材したのも同じ会場だった。

 そこで書いたのは「観客席への地域住民の動員」に関する記事。チケットの売れ行きが悪い競技に対し、地元自治体が無料チケットを配布して席を埋めていることを報じた。韓国女子代表が躍進するまで、カーリングは「不人気種目」の代名詞だった。

 半月がたち、会場の観客らはみな、専門家気取りでゲーム展開について話し合うようになっていた。隣の観客からは「くそ、日本のやつら全然失敗しないじゃないか」といらだつ声も聞こえてくる。「眼鏡先輩」の愛称がついた韓国のスキップ、金恩貞は23日の試合後、「声援を聞いていて、観客がカーリングに詳しくなってきたのが分かる」と笑顔を見せた。

 満員の観客の中には、おそろいの青い毛糸の帽子に韓国旗をくくりつけた動員住民の姿は見当たらなかった。あの人たちもそろそろルールを覚えただろうか。(時吉達也)

このニュースの写真

  • 韓国のカーリング「不人気種目」だったが…

関連ニュース

「平昌五輪2018」のランキング