産経ニュース

【平昌五輪】「地元から世界へ」の夢、メダルで結実 「カー娘」LS北見、責任感と楽しさと

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
「地元から世界へ」の夢、メダルで結実 「カー娘」LS北見、責任感と楽しさと

カーリング女子3位決定戦日本対イギリス 試合に勝利し記念撮影する(左から)藤沢五月、鈴木夕湖、吉田夕梨花、吉田知那美=24日、江陵カーリングセンター(撮影・松永渉平) カーリング女子3位決定戦日本対イギリス 試合に勝利し記念撮影する(左から)藤沢五月、鈴木夕湖、吉田夕梨花、吉田知那美=24日、江陵カーリングセンター(撮影・松永渉平)

 日本代表、LS北見の選手とスタッフが歓喜の輪を作る。銅メダルをかけた大一番は5-3で英国を撃破。北海道北見市出身の道産子たちが思い描いた「地元から世界へ」という夢が、日本カーリング界初の五輪メダルという形で結実した。サードの吉田知は「本当に信じられない。『また新しい歴史だよ』と言われ、ようやくメダルを取った実感が少しずつわいてきている」と喜んだ。

 2点以上を奪いたい有利な後攻で互いに1点にとどまる展開が、終盤で動いた。最終第10エンドは1点リードの日本が不利な先攻。1点は確実に取れる状況だった英国は2点を狙った最後の一投がミス。日本に1点が転がり込み、銅メダル獲得が決まった。

 準決勝以降は責任感を胸に戦った。チームリーダーの本橋は「プレーできるのは4チーム。見ていることしかできずに悔しい思いをしているチームもあるんだよ」と、チームメートに語り掛けた。

 もちろん、楽しむことも忘れなかった。「小さいころから憧れていた五輪でメダルを懸けた試合ができる」と喜びを隠せなかったのはスキップの藤沢。笑顔が絶えない仲間の姿に本橋は「私たちらしくポジティブに戦えている」と目を細めた。

 本橋が2010年にチームを結成してから約8年で、五輪の表彰台にたどり着いた。平昌で一回りも二回りも大きくなったLS北見は、4年後の北京で頂点を目指す。(奥山次郎)

このニュースの写真

  • 「地元から世界へ」の夢、メダルで結実 「カー娘」LS北見、責任感と楽しさと
  • 「地元から世界へ」の夢、メダルで結実 「カー娘」LS北見、責任感と楽しさと
  • 「地元から世界へ」の夢、メダルで結実 「カー娘」LS北見、責任感と楽しさと
  • 「地元から世界へ」の夢、メダルで結実 「カー娘」LS北見、責任感と楽しさと
  • 「地元から世界へ」の夢、メダルで結実 「カー娘」LS北見、責任感と楽しさと

関連ニュース

「平昌五輪2018」のランキング