産経ニュース

【平昌五輪】イバンカ氏は金与正氏「微笑み外交」に勝てるのか 文在寅氏は首脳級接待も本音は…

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
イバンカ氏は金与正氏「微笑み外交」に勝てるのか 文在寅氏は首脳級接待も本音は…

 【平昌=桜井紀雄】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、平昌五輪閉会式に合わせて訪韓中のトランプ米大統領の長女、イバンカ大統領補佐官を首脳級の礼遇でもてなしている。ただ、北朝鮮との対話をめぐる温度差も露呈。イバンカ氏は、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹、金与正(ヨジョン)氏の「微笑み外交」による訪朝招請で対北融和に傾いた文氏を圧力路線に引き戻せるのか。

 イバンカ氏は24日、スノーボード競技など、米選手が出場した試合を観戦。隣には文氏の金正淑(ジョンスク)夫人と康京和(カン・ギョンファ)外相がぴったり付き添い、携帯電話のカメラの“自撮り”に金夫人と仲良く納まり、友好をアピールした。23日の空港到着時には、韓国外務省の儀典長が出迎え、文氏が大統領府の「常春斎」で韓国料理の夕食会を開いた。儀典長の迎接や常春斎での会食は主に海外の首脳に対するものだ。

 文氏が席上、南北対話へのトランプ氏の支持に謝意を示したのに対し、イバンカ氏は「朝鮮半島の非核化に向けた最大限の(対北)圧迫戦略について、われわれの意志を再確認する席を設けてくださり、感謝します」と述べた。双方が結束を強調しながら「対話」と「圧力」と力点が全く違うことを浮き彫りにした。

続きを読む

関連ニュース

「平昌五輪2018」のランキング