産経ニュース

【平昌五輪】金英哲氏に制裁科す国は合計31カ国 閉会式出席に疑問の声噴出 野党議員「韓国の地踏めば射殺」と物騒発言

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
金英哲氏に制裁科す国は合計31カ国 閉会式出席に疑問の声噴出 野党議員「韓国の地踏めば射殺」と物騒発言

金英哲氏=2007年6月27日、板門店(AP) 金英哲氏=2007年6月27日、板門店(AP)

 北朝鮮が平昌五輪の閉会式に出席させる予定の金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長について、韓国紙、中央日報(電子版)は23日、制裁対象国は31カ国にも上ると報じた。金英哲氏をめぐっては、40人以上が犠牲となった2010年3月の韓国哨戒艦「天安」撃沈事件などのテロを主導したとみられており、遺族は閉会式受け入れに猛反発。野党議員からも「韓国の地を踏めば射殺すべきだ」など物騒な発言が飛び出している。

 金英哲氏を制裁対象とする31カ国は韓国や米国、オーストラリア、欧州連合(EU)の国々。今回、韓国の制裁にもかかわらず、問題の人物が五輪出席を名目に、堂々と“表門”から韓国に乗り込む形となる。

 これに対し、撃沈事件の遺族が猛反発。24日の韓国紙、朝鮮日報(電子版)によると、遺族たちは「五輪閉会式の受け入れを撤回せよ。閉会式出席が強行される場合、特段の対策を考慮する」との声明を出し、文在寅(ムン・ジェイン)政権を非難した。

 議会からも政府批判が噴出。ある野党議員は「韓国の地を踏めば射殺すべき対象だ」「連続殺人犯を緊急逮捕せよ」と激しく批判し、受け入れ方針の撤回を迫った。韓国紙、朝鮮日報のイ・ヨンス記者も「爆沈事件の主犯を韓国政府が総出で擁護」「金英哲の代弁人に成り下がった韓国統一省」などと政府を激しく攻撃している。

続きを読む

「平昌五輪2018」のランキング