産経ニュース

【平昌五輪】日韓戦を制し「眼鏡先輩」は眼鏡を外し投げキッス カーリング女子・韓国チーム

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
日韓戦を制し「眼鏡先輩」は眼鏡を外し投げキッス カーリング女子・韓国チーム

決勝進出を決め、眼鏡を外して投げキッスする韓国のスキップ、金恩貞(キム・ウンジョン)=23日、韓国・江陵カーリングセンター(早坂洋祐撮影) 決勝進出を決め、眼鏡を外して投げキッスする韓国のスキップ、金恩貞(キム・ウンジョン)=23日、韓国・江陵カーリングセンター(早坂洋祐撮影)

 【江陵=時吉達也】激戦の末、日韓戦を制したカーリング女子の韓国チーム。延長戦を経て勝利が決まると、スキップの金恩貞(キム・ウンジョン)はトレードマークの眼鏡を外して大きくガッツポーズ。競技中の「無表情」(韓国メディア)が一変し、大歓声の観客に投げキッスで応えた。

 当日券は午後6時の販売開始とほぼ同時に売り切れ。競技開始前、周辺ではダフ屋が「定価の2倍では譲れない」と値をつり上げるなど、韓国内での高い注目をうかがわせた。

 満員となった会場内には金恩貞のニックネームになった「眼鏡先輩」や、流行語となったチームメートを呼ぶかけ声「ヨンミヤ!」と書かれたのぼりも登場。「テーハミングッ(大韓民国)」の声援が何度もこだました。

 金恩貞は競技終了後の報道陣の取材に対し、日韓戦について「予選リーグで唯一負け、帰り道で、本当に怒りがわいた。他のチーム以上に勝たなければならない理由があり、より集中してショットが投げられた」と特別な思いで臨んだことを明かした。

 比較されることの多かった日本代表、LS北見のスキップの藤沢については「ゲーム運営において、非常にコントロールがうまい。安定した選手で、日本でもっとも良いスキップといえる」と評価していた。

このニュースの写真

  • 日韓戦を制し「眼鏡先輩」は眼鏡を外し投げキッス カーリング女子・韓国チーム
  • 日韓戦を制し「眼鏡先輩」は眼鏡を外し投げキッス カーリング女子・韓国チーム
  • 日韓戦を制し「眼鏡先輩」は眼鏡を外し投げキッス カーリング女子・韓国チーム

「平昌五輪2018」のランキング