産経ニュース

【平昌五輪】IOC会長、米副大統領に北テコンドー演武団の訪米実現を要請していた 韓国紙報道

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
IOC会長、米副大統領に北テコンドー演武団の訪米実現を要請していた 韓国紙報道

平昌五輪の開会式で韓国国歌を聴く(前列右から2人目から)安倍首相、ペンス米副大統領夫妻、韓国の文在寅大統領夫妻、IOCのバッハ会長ら=9日(共同) 平昌五輪の開会式で韓国国歌を聴く(前列右から2人目から)安倍首相、ペンス米副大統領夫妻、韓国の文在寅大統領夫妻、IOCのバッハ会長ら=9日(共同)

 韓国の東亜日報(日本語電子版)は23日、国際オリンピック委員会(IOCは世界)のトーマス・バッハ会長が9日の平昌冬季五輪開会式の際、ペンス米副大統領に対し、北朝鮮のテコンドー演武団の訪米受け入れを検討するよう要請していた、と報じた。

 外交筋が同紙に、「バッハ会長が開会式の時、ペンス副大統領と話をし、北朝鮮のテコンドー演武団の訪米申請を承認してほしいという趣旨の話をし、北朝鮮との対話を勧めた」と明かしたという。

 ウィーンに本部を置く国際テコンドー連盟(ITF)を事実上主導する北朝鮮は、平昌五輪でも演武団を韓国に派遣した。朝鮮中央通信は演武団のソウル公演を「わが民族の知恵と気概を見事に示した」と自画自賛した。

 そのITFの終身名誉総裁を務めるのが北朝鮮のIOC委員、張雄氏だ。張氏は18日、体調不良を理由に、25日の閉会式を待たずに北朝鮮に帰国したが、閉会式後に訪朝する意向を示しているIOCのバッハ会長との協議の下準備のために、帰国を急いだ可能性も否定できない。

続きを読む

「平昌五輪2018」のランキング