産経ニュース

【平昌五輪】次大会ホストの中国、ようやく金メダル1号

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
次大会ホストの中国、ようやく金メダル1号

 4年後のホスト国が、大会第14日にしてようやく頂点に立った。男子500メートルの武大靖が中国勢初の金メダルを獲得。「プレッシャーがあった。われわれは能力に見合った結果を得られていなかったから」。コーチと抱き合い、安堵の表情を浮かべた。

 準々決勝で世界新記録。決勝も勢いそのままにライバルの韓国勢に一度も先頭を譲らない滑りで、世界新記録をさらに更新する39秒584をたたき出した。

 開幕前、米データ専門会社は中国の金を「6」と予想したが苦戦が続いた。メダル候補がそろいながら失格が相次いだショートトラック勢はその“戦犯”だった。武自身も1000メートル、1500メートルで失格している。

 競技最終日に「お家芸」のプライドを守った前回大会銀メダリストは「とても幸せだ。でも2022年を見据えなくてはいけない」。北京五輪を控える中国にとって、厳しい今大会を糧に母国での祭典へ視線を移した。(五輪取材班)

「平昌五輪2018」のランキング