産経ニュース

【平昌五輪】ノルディックスキー複合の渡部暁斗、五輪直前に骨折 左の肋骨、本人は明かさず

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
ノルディックスキー複合の渡部暁斗、五輪直前に骨折 左の肋骨、本人は明かさず

試合後インタビューをうける渡部暁斗=アルペンシア・距離センター(松永渉平撮影) 試合後インタビューをうける渡部暁斗=アルペンシア・距離センター(松永渉平撮影)

 平昌冬季五輪のノルディックスキー複合個人ノーマルヒルで、2大会連続の銀メダルに輝いた渡部暁斗(北野建設)が、五輪直前に左肋骨を骨折していたことが分かった。全日本スキー連盟(SAJ)が22日、明らかにした。

 SAJによると、2日に長野県白馬村で行われたワールドカップ(W杯)白馬大会の公式練習の飛躍で着地に失敗し、転倒した際に骨折した。渡部暁は転倒の翌日に「(痛みは)気にならないぐらい」と話しており、五輪中も明らかにしなかった。平昌では個人ノーマルヒル、同ラージヒル、団体の全3種目に出場した。

 渡部暁はシーズン開幕前の昨年11月にも左の肋軟骨を折っていた。(共同)

このニュースの写真

  • ノルディックスキー複合の渡部暁斗、五輪直前に骨折 左の肋骨、本人は明かさず
  • ノルディックスキー複合の渡部暁斗、五輪直前に骨折 左の肋骨、本人は明かさず

「平昌五輪2018」のランキング