産経ニュース

【平昌五輪】岩手・八幡平市に「ナガイ」コール 出身の永井秀昭、ノルディックスキー複合団体入賞に貢献

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
岩手・八幡平市に「ナガイ」コール 出身の永井秀昭、ノルディックスキー複合団体入賞に貢献

平昌五輪のノルディックスキー複合団体に出場した岩手県八幡平市出身の永井秀昭に懸命の声援を送る同級生の米川拓也さんと長男の結誠ちゃん、妻の聡美さん(前列)=22日、岩手県八幡平市(石田征広撮影) 平昌五輪のノルディックスキー複合団体に出場した岩手県八幡平市出身の永井秀昭に懸命の声援を送る同級生の米川拓也さんと長男の結誠ちゃん、妻の聡美さん(前列)=22日、岩手県八幡平市(石田征広撮影)

 平昌五輪のノルディックスキー複合団体に出場した岩手県八幡平市出身の永井秀昭を応援しようという同市主催のパブリックビューイングが22日、市内の田山スポーツ交流館で開かれ、約40人が懸命の声援を送った。

 永井は前半のジャンプを127メートルにまとめ、後半の距離で一時2位に浮上するなど4位入賞に貢献。会場は“ナガイ”“ナガイ”の大声援が響き渡った。幼稚園から中学まで同級生という美容師の米川拓也さん(34)は妻の里美さん(34)と長男の結誠ちゃん(3)の一家で最前列に陣取った。

 中学時代にクロスカントリーで全国大会の経験もある米川さんは「彼はやれることをやったと思う。お疲れさん、ありがとう、と言ってやりたい」と、親友の雄姿に目を潤ませていた。

このニュースの写真

  • 岩手・八幡平市に「ナガイ」コール 出身の永井秀昭、ノルディックスキー複合団体入賞に貢献

「平昌五輪2018」のランキング