産経ニュース

【平昌五輪】鬼塚、「必殺技」決まらず

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
鬼塚、「必殺技」決まらず

豪快なジャンプを見せた鬼塚雅=アルペンシア・ジャンプセンター(松永渉平撮影) 豪快なジャンプを見せた鬼塚雅=アルペンシア・ジャンプセンター(松永渉平撮影)

 平昌五輪は22日、新種目の女子ビッグエア決勝が行われ、16歳の岩渕麗楽(れいら)=キララクエストク=が合計147.50点で4位、藤森由香(ゆか)=アルビレックス新潟=が122.75点で7位、鬼塚雅(みやび)=星野リゾート=が119.00点で8位だった。

 アンナ・ガサー(オーストリア)が185.00点で優勝し、スロープスタイルを制したジェイミー・アンダーソン(米国)が177.25点で2位、ゾイ・サドフスキシノット(ニュージーランド)が157.50点で3位だった。

 鬼塚が「必殺技」と温めてきたエアは、平昌では決まらなかった。背中側から踏み切って軸をずらしながら縦2回転、横に3回転する「バックサイドダブルコーク1080」。2回目、3回目と挑んだが、いずれも着地で失敗。「やっぱり私は実力不足だなって思います」と声を振り絞った。

 女子最高難度の大技を習得しようと思ったきっかけは、昨年3月の国際大会「USオープン」での苦い経験だ。逆スタンスで踏み切って横に2回転半する「キャブ900」を決め技にしたが、5位。優勝したアンナ・ガサーはさらに難度の高い技を出した。「できる技をすべて出して5位だった。技を増やすしかないと追い込まれた」。富山、埼玉両県にあるエアマット施設で空中感覚を覚え、「肩を開かない」「顔を向く」などのポイントをノートにまとめた。昨年5月に雪上で初めて着地し、完成度を上げてきた。

 「スノーボードで世界一になる」と宣言して周囲を驚かせたのは7歳のとき。お金と時間を娘のために費やした両親のためにも「五輪で1番になって恩返しする」と誓っていた。今大会のスロープスタイル予選では強風にも邪魔され、ことごとくジャンプに失敗。「オリンピックってあんまり好きじゃないなって思う」と悔し涙を流した。ビッグエアでも結果は残せず、「すごく悔しい大会になっちゃった。でも、自分にとっていい経験」。まだ19歳。雪辱の機会はきっと訪れる。(岡野祐己)

このニュースの写真

  • 鬼塚、「必殺技」決まらず

「平昌五輪2018」のランキング