産経ニュース

【平昌五輪】五輪最高位スポンサー、トヨタの存在感なし 韓国メディアも「?」

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
五輪最高位スポンサー、トヨタの存在感なし 韓国メディアも「?」

 【平昌=時吉達也】平昌五輪にからむ企業活動が活発化する中、国際オリンピック委員会(IOC)のトップスポンサー13社の一つ、トヨタ自動車の存在感が全くないことをいぶかしむ声が、韓国内で上がっている。日韓間の情勢が不透明な中、「日本バッシングに巻き込まれるのを避けたのではないか」との臆測も浮上している。

 高さ15メートルの巨大自動販売機を設置し飲み物を配る米コカ・コーラ、アミューズメントパークさながらにいくつもの仮想現実(VR)アトラクションを登場させた韓国サムスングループ…。江陵(カンヌン)の五輪公園は、グローバル企業の広報パビリオンが軒を連ね、1時間以上の順番待ちの行列ができる盛況ぶりを見せる。しかし、3つの楕(だ)円(えん)を組み合わせたトヨタマークは見当たらない。

 トヨタは2015年3月、IOCの最高位スポンサー制度「TOPプログラム」の契約を発表。自動車メーカーとして、全世界で独占的に商業活動できる権利を得た。期間は24年までで、非公表の契約金額は1千億円規模に上るとみられている。

 今回の五輪では、フィギュアスケート銀メダルの宇野昌磨選手ら20カ国・50人以上の選手を支援。一方、大会ロゴを使った宣伝活動は一切せず、IOC役員らの送迎用車両20台が競技場周辺を走るのみだ。

続きを読む

「平昌五輪2018」のランキング