産経ニュース

【平昌五輪】初出場10代コンビ熱演 フィギュア女子SP 宮原知子健闘、坂本花織躍動

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
初出場10代コンビ熱演 フィギュア女子SP 宮原知子健闘、坂本花織躍動

【平昌五輪2018】フィギュアスケート 女子SP 宮原知子=21日、韓国・江陵アイスアリーナ(納冨康撮影) 【平昌五輪2018】フィギュアスケート 女子SP 宮原知子=21日、韓国・江陵アイスアリーナ(納冨康撮影)

 「いいパフォーマンスを発揮できた」。フィギュアスケート女子の19歳、宮原知子(関大)は海外メディアのインタビューに英語でよどみなく答えた。演技直後の氷上で両手を握りしめるガッツポーズを作ったのは17歳の坂本花織(シスメックス)だ。「大舞台で、自分の滑りができてうれしい」。笑顔がはじけた。

 元世界女王の浅田真央さんら前回ソチ五輪代表がごっそりと抜けた後の日本女子を背負う、エースと成長著しい新星。同じ10代のロシア勢に劣らぬ熱演で、ともにショートプログラムの自己ベストを塗り替え、宮原が健闘の4位、坂本が5位で続いた。

 1カ月前、宮原は失意の中にいた。四大陸選手権(台北)で3位に終わり悔し涙を抑えられなかった。昨年末の全日本選手権で4連覇し、五輪代表入り。昨季に痛めた左股関節をいたわり、約1週間の休養をはさんだ後の大会だった。

 本調子に遠く、不安が演技の端々ににじみ出た。不本意な3位に「できるはずのことができなかった。どんな状況でもできるのが強い選手。まだ弱い」と自身を責めた。

 栄養管理で約40キロを維持してきた体重が落ちはしないか。気分が沈めば帰国後の追い込みに影響が出るのではないか-。繊細な宮原の涙は周囲を心配させた。

 宮原はしかし、折れなかった。「やけくそになるくらい、食べて、笑いました」。大会直後、こんなメールを関係者に送り、安心させている。気持ちはすでに切り替わっていた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 初出場10代コンビ熱演 フィギュア女子SP 宮原知子健闘、坂本花織躍動

「平昌五輪2018」のランキング