産経ニュース

【平昌五輪】韓国も注目する「ポスト金妍兒」争い ザギトワ、メドベージェワを特集

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
韓国も注目する「ポスト金妍兒」争い ザギトワ、メドベージェワを特集

【平昌五輪2018】フィギュアスケート女子SPの演技をするアリーナ・ザギトワ=21日、韓国・江陵アイスアリーナ(代表撮影) 【平昌五輪2018】フィギュアスケート女子SPの演技をするアリーナ・ザギトワ=21日、韓国・江陵アイスアリーナ(代表撮影)

 平昌冬季五輪で21日に行われたフィギュアスケート女子ショートプラグラム(SP)で、「ロシアからの五輪選手」(OAR)であるアリーナ・ザギトワ、エフゲニア・メドベージェワが1、2位で抜け出し、いまだに金妍兒(キム・ヨナ)人気が高い韓国でも、自国の若手選手以上に、ロシア人の2人に注目が集まっている。

 この日のSPでは、文字通りハイレベルな戦いが繰り広げられた。世界選手権2連覇中のメドベージェワが81・61点をマークして自己の持つ世界最高得点を更新すると、今季のグランプリ・ファイナルで優勝したザギトワが82・92点をたたき出して記録を塗り替えた。19歳と15歳が、銀盤で激しく火花を散らした。

 韓国の東亜日報(電子版)は「花の戦争が始まった」との見出しで、ザギトワ、メドベージェワら有力選手を特集。「同じコーチから指導を受けている2人は特徴も似ている。だが、演技力はメドベージェワがすぐれている。(中略)ザギトワは強い体力のもとに演技の後半で強みを見せる」との韓国のスケート関係者の談話を紹介したうえで、「2人は同じチームに所属しているが、リンクの上で徹底的にライバル関係だ」と指摘した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 韓国も注目する「ポスト金妍兒」争い ザギトワ、メドベージェワを特集
  • 韓国も注目する「ポスト金妍兒」争い ザギトワ、メドベージェワを特集
  • 韓国も注目する「ポスト金妍兒」争い ザギトワ、メドベージェワを特集
  • 韓国も注目する「ポスト金妍兒」争い ザギトワ、メドベージェワを特集

「平昌五輪2018」のランキング