産経ニュース

【平昌五輪】金メダル候補のメドベージェワ 81・61点で自身の世界最高得点を更新

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
金メダル候補のメドベージェワ 81・61点で自身の世界最高得点を更新

女子SPで演技するエフゲニア・メドベージェワ =21日、韓国・江陵アイスアリーナ(納冨康撮影) 女子SPで演技するエフゲニア・メドベージェワ =21日、韓国・江陵アイスアリーナ(納冨康撮影)

 平昌冬季五輪は大会第13日の21日、江陵アイスアリーナでフィギュアスケート女子ショートプログラム(SP)を行い、世界選手権2連覇の「ロシアからの五輪選手(OAR)」、エフゲニア・メドベージェワは3つのジャンプをすべて成功させるなど華麗な演技を披露し、81・61点で自身の持つ世界最高得点を更新した。坂本花織(シスメックス)の73・18点を上回り、5人を残して暫定1位。

 メドベージェワは11日の団体女子SPでも、自身の持つ世界記録を更新していた。(五輪速報班)

このニュースの写真

  • 金メダル候補のメドベージェワ 81・61点で自身の世界最高得点を更新
  • 金メダル候補のメドベージェワ 81・61点で自身の世界最高得点を更新
  • 金メダル候補のメドベージェワ 81・61点で自身の世界最高得点を更新
  • 金メダル候補のメドベージェワ 81・61点で自身の世界最高得点を更新
  • 金メダル候補のメドベージェワ 81・61点で自身の世界最高得点を更新
  • 金メダル候補のメドベージェワ 81・61点で自身の世界最高得点を更新

関連ニュース

「平昌五輪2018」のランキング