産経ニュース

【平昌五輪】フィギュア女子SP 米国の長洲未来、トリプルアクセル失敗し66・93点

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
フィギュア女子SP 米国の長洲未来、トリプルアクセル失敗し66・93点

女子SPで演技する長洲未来=21日、江陵(ロイター) 女子SPで演技する長洲未来=21日、江陵(ロイター)

 平昌五輪は大会第13日の21日、江陵アイスアリーナでフィギュアスケート女子ショートプログラム(SP)を行い、日本人を両親に持つ長洲未来(米国)は冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で転倒して66・93点にとどまり、坂本花織(シスメックス)の得点を超えられなかった。

 長洲は、12日の団体女子フリーで、五輪の女子では伊藤みどり、浅田真央に次ぐ史上3人目となるトリプルアクセルを成功させていた。(五輪速報班)

このニュースの写真

  • フィギュア女子SP 米国の長洲未来、トリプルアクセル失敗し66・93点
  • フィギュア女子SP 米国の長洲未来、トリプルアクセル失敗し66・93点
  • フィギュア女子SP 米国の長洲未来、トリプルアクセル失敗し66・93点

関連ニュース

「平昌五輪2018」のランキング