産経ニュース

【平昌五輪】アクシデントにも後悔せず 上半身衣装はだけたアイスダンス銀の仏ペア

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
アクシデントにも後悔せず 上半身衣装はだけたアイスダンス銀の仏ペア

フィギュアスケートのアイスダンスで銀メダルを獲得したフランスのパパダキス(左)、シゼロン組のフリー=20日、江陵(共同) フィギュアスケートのアイスダンスで銀メダルを獲得したフランスのパパダキス(左)、シゼロン組のフリー=20日、江陵(共同)

 思わぬアクシデントにも、最高峰の戦いを演じた満足感がにじんだ。フィギュアスケートのアイスダンスでガブリエラ・パパダキス、ギヨーム・シゼロン組(フランス)は、長くトップに君臨したテッサ・バーチュー、スコット・モイヤー組(カナダ)にわずか0・79点差で及ばず、銀メダルに終わった。それでも、シゼロンは「完璧な演技をした。後悔は何もない」。

 パパダキス22歳、シゼロン23歳。2015年と16年の世界選手権を2連覇。今季はアイスダンス史上初の合計200点超えを果たすなど波に乗っていた。

 19日のショートダンスでは、途中でパパダキスの上半身の衣装がはだけてしまった。なんとか演技はまとめたが、その映像は会場にも流れてしまい「五輪で最低の悪夢が起きてしまった」と涙を浮かべた。

続きを読む

このニュースの写真

  • アクシデントにも後悔せず 上半身衣装はだけたアイスダンス銀の仏ペア

関連ニュース

「平昌五輪2018」のランキング