産経ニュース

【平昌五輪】フィギュア坂本花織「別世界」の五輪へ 安藤美姫以来の高校生代表

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
フィギュア坂本花織「別世界」の五輪へ 安藤美姫以来の高校生代表

団体女子フリー 坂本花織の演技=12日、韓国・江陵アイスアリーナ(納冨康撮影) 団体女子フリー 坂本花織の演技=12日、韓国・江陵アイスアリーナ(納冨康撮影)

 フィギュアスケート女子の坂本花織(17)=シスメックス=は「いろんな大会に出てきたけど五輪は別世界。(五輪)マークを見ているだけで緊張する」と独特の雰囲気を感じている。2006年トリノ五輪の安藤美姫以来となったフィギュアの高校生日本代表が、銀盤に挑む。

 たまたま見ていたテレビドラマがスケートを始めるきっかけとなった。ヒロインの姉がフィギュアスケートをする姿に「これ、したーい」とせがんだ。母親がシンクロナイズドスイミングやテニスをテレビで見せても興味を持たなかった。

 4歳でスケートを始め、6歳から中野園子コーチ(65)に指導を受けている。同コーチから怒られることは日常茶飯事。リンクで涙を流すことも珍しくなかった。それでも「逆にくそーとなる」と負けん気の強さで鍛錬を続けた。

続きを読む

このニュースの写真

  • フィギュア坂本花織「別世界」の五輪へ 安藤美姫以来の高校生代表
  • フィギュア坂本花織「別世界」の五輪へ 安藤美姫以来の高校生代表

「平昌五輪2018」のランキング