産経ニュース

【平昌五輪】カーリング混合ダブルスのOAR選手、B検体も陽性反応で陽性確定 CAS、近く処分判断へ

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
カーリング混合ダブルスのOAR選手、B検体も陽性反応で陽性確定 CAS、近く処分判断へ

 平昌五輪に個人資格で参加している「ロシアからの五輪選手(OAR)」の関係者は20日、カーリング混合ダブルスで銅メダルを獲得した男子のアレクサンドル・クルシェルニツキー選手から、禁止されたメルドニウムが検出されたとするドーピング検査結果が確定したと発表した。19日に予備のB検体を分析し、最初に検査したA検体に続いて陽性反応が出た。

 スポーツ仲裁裁判所(CAS)の反ドーピング部門は国際オリンピック委員会(IOC)の要請を受けて裁定手続きに入っており、近く違反認定の可否や処分内容を判断するとみられる。

 OARは声明で「非常に残念だ」とする一方、1月22日以前に同選手から採取された検体は全て陰性だったとし、詳細を調査する方針も示した。ロシアのメディアによると、本人はメルドニウムの服用を否定している。(共同)

「平昌五輪2018」のランキング