産経ニュース

【平昌五輪】金メダル候補のフィギュア女子ザギトワ、ドーピング検査で「練習5分で中断」 OAR関係者は「練習破綻」

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
金メダル候補のフィギュア女子ザギトワ、ドーピング検査で「練習5分で中断」 OAR関係者は「練習破綻」

リンクで練習するアリーナ・ザギトワ=20日、韓国・江陵アイスアリーナ(納冨康撮影) リンクで練習するアリーナ・ザギトワ=20日、韓国・江陵アイスアリーナ(納冨康撮影)

 国営ロシア通信は20日、個人資格の「ロシアからの五輪選手(OAR)」として平昌冬季五輪に出場しているフィギュアスケート女子の金メダル候補、アリーナ・ザギトワが、ドーピング検査により「練習を5分で中断させられた」と報じた。

 15歳のザギトワは19日の練習前に、世界反ドーピング機関(WADA)の検査官に血液を採取され、尿検査も求められた。不慣れな状況から提出できず、そのまま練習を始めたところ、検査官が再度、尿の提出を要求したため、リンクを離れざるを得なかったという。OAR関係者は「練習が破綻した」と主張した。

 この件について、国際オリンピック委員会(IOC)のアダムス広報部長は20日の記者会見で「特別なことではなく、よくあることだ。WADAも配慮していると思うが、そういうことも起こる」と述べた。

 ザギトワは同じOARのエフゲニア・メドベージェワとともに2強と目されている。(共同)

このニュースの写真

  • 金メダル候補のフィギュア女子ザギトワ、ドーピング検査で「練習5分で中断」 OAR関係者は「練習破綻」
  • 金メダル候補のフィギュア女子ザギトワ、ドーピング検査で「練習5分で中断」 OAR関係者は「練習破綻」
  • 金メダル候補のフィギュア女子ザギトワ、ドーピング検査で「練習5分で中断」 OAR関係者は「練習破綻」

関連ニュース

「平昌五輪2018」のランキング