産経ニュース

【平昌五輪】フリースタイル女子スキーハーフパイプの小野塚彩那 メダル届かずも地元は感動「やっぱり格好いいよ」

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
フリースタイル女子スキーハーフパイプの小野塚彩那 メダル届かずも地元は感動「やっぱり格好いいよ」

小野塚彩那の母校で開かれたパブリックビューイングで、5位入賞を万歳でたたえる市民ら=20日、新潟県南魚沼市中の塩沢中学校(松崎翼撮影) 小野塚彩那の母校で開かれたパブリックビューイングで、5位入賞を万歳でたたえる市民ら=20日、新潟県南魚沼市中の塩沢中学校(松崎翼撮影)

 平昌五輪第12日の20日、フリースタイルスキー女子ハーフパイプ(HP)で5位入賞を果たした小野塚彩那(29)=石打丸山スキークラブ=の地元、南魚沼市中の塩沢中学校で開かれたパブリックビューイングには親族や市民、同校の生徒ら計600人が集まり、大声援を送った。惜しくも2大会連続のメダル獲得は逃したものの、堂々の滑りを見せた地元のヒーローを市民たちは万歳三唱でたたえた。

 同校2年の星野穂波さん(14)は「メダルは取れなかったけれど、小野塚さんの高いエアやすごい技を見られてよかった」と感動した面持ち。叔父の小野塚隆さん(45)は「持っている力は出せたと思う。5位も立派な結果。胸を張って帰ってきてほしい」と健闘をねぎらった。

 小野塚の湯沢高(平成20年に閉校)時代のスキー部顧問、高橋香織さん(45)は「本人は悔しいと思うが重圧の中でよくやった。『やっぱり格好いいよ』と声を掛けたい」と笑顔を見せた。

このニュースの写真

  • フリースタイル女子スキーハーフパイプの小野塚彩那 メダル届かずも地元は感動「やっぱり格好いいよ」
  • フリースタイル女子スキーハーフパイプの小野塚彩那 メダル届かずも地元は感動「やっぱり格好いいよ」
  • フリースタイル女子スキーハーフパイプの小野塚彩那 メダル届かずも地元は感動「やっぱり格好いいよ」

関連ニュース

「平昌五輪2018」のランキング