産経ニュース

【平昌五輪】隊列乱れ2位で準決勝 金メダル争いはオランダとの一騎打ち スピードスケート女子団体追い抜き

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
隊列乱れ2位で準決勝 金メダル争いはオランダとの一騎打ち スピードスケート女子団体追い抜き

女子団体追い抜き1回戦でスタートする高木美、高木菜、佐藤(左から)。2位で準決勝に進んだ (共同) 女子団体追い抜き1回戦でスタートする高木美、高木菜、佐藤(左から)。2位で準決勝に進んだ (共同)

 金メダルを狙う女子団体追い抜きの日本は1回戦で五輪新記録のオランダから0秒48遅れ2位。今季のW杯3戦を下回るタイムに高木美は、「向こう(オランダ)は本番に強いことを忘れてはいけない」と表情を引き締めた。

 スタートのミスが響いた。2番手の佐藤が出遅れ、気付いた高木美が最初のカーブ入り口で減速した。序盤の1周半でオランダと1秒以上の差がついた。隊列を整えた中盤以降も、後れを取り戻しきれなかった。

 日本と3位のカナダとは3秒近い差がある。金メダル争いはオランダとの一騎打ちになる公算が大きい。女子1500メートルで金メダルを阻まれたブストら、メダリスト3人がそろう相手の滑りを見た高木美は「やっぱりここに合わせてくる」と感じた。21日の準決勝、決勝へ「スタートのミスだけに目を取られず、他に何ができるのかにも目を向けていかないと」と切り替えた。(大宮健司)

このニュースの写真

  • 隊列乱れ2位で準決勝 金メダル争いはオランダとの一騎打ち スピードスケート女子団体追い抜き
  • 隊列乱れ2位で準決勝 金メダル争いはオランダとの一騎打ち スピードスケート女子団体追い抜き
  • 隊列乱れ2位で準決勝 金メダル争いはオランダとの一騎打ち スピードスケート女子団体追い抜き
  • 隊列乱れ2位で準決勝 金メダル争いはオランダとの一騎打ち スピードスケート女子団体追い抜き
  • 隊列乱れ2位で準決勝 金メダル争いはオランダとの一騎打ち スピードスケート女子団体追い抜き

関連ニュース

「平昌五輪2018」のランキング