産経ニュース

【平昌五輪】ジャンプ団体LH1回目、4人目の小林陵侑「2回目も気負わず自分をジャンプを」

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
ジャンプ団体LH1回目、4人目の小林陵侑「2回目も気負わず自分をジャンプを」

1回目のジャンプを終えた小林陵侑と話す小林潤志郎(左)=アルペンシア・ジャンプセンター(撮影・松永渉平) 1回目のジャンプを終えた小林陵侑と話す小林潤志郎(左)=アルペンシア・ジャンプセンター(撮影・松永渉平)

 平昌冬季五輪のノルディックスキー・ジャンプ団体ラージヒル(LH、ヒルサイズ=HS1142メートル)の1回目、日本の4人目で飛んだ小林陵侑(土屋ホーム)は「2回目も気負わず自分をジャンプをしたい」と語った。1回目終了後の一問一答は以下の通り。

     

 --1回目は132・5メートル。感触は

 「フィーリングは全体を通していい流れで飛べたかなと思います」

 --3位のポーランドとは65・4点差

 「2回目も気負わず、自分のジャンプをしたいです」(五輪速報班)

このニュースの写真

  • ジャンプ団体LH1回目、4人目の小林陵侑「2回目も気負わず自分をジャンプを」
  • ジャンプ団体LH1回目、4人目の小林陵侑「2回目も気負わず自分をジャンプを」
  • ジャンプ団体LH1回目、4人目の小林陵侑「2回目も気負わず自分をジャンプを」
  • ジャンプ団体LH1回目、4人目の小林陵侑「2回目も気負わず自分をジャンプを」

「平昌五輪2018」のランキング