産経ニュース

【平昌五輪】日本、一瞬ヒヤリ スタート直後タイムロスも2位で準決勝進出 女子団体追い抜き

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
日本、一瞬ヒヤリ スタート直後タイムロスも2位で準決勝進出 女子団体追い抜き

 女子団体追い抜き1回戦 スタートする(左から)高木美、高木菜、佐藤=江陵(共同)  女子団体追い抜き1回戦 スタートする(左から)高木美、高木菜、佐藤=江陵(共同)

 平昌冬季五輪は大会第11日の19日、江陵オーバルでスピードスケート女子団体追い抜きを行い、1回戦2組の日本は2分56秒09の2位で準決勝進出を決めた。オランダが2分55秒61の五輪新記録で1位通過した。

 日本は1500メートルで銀、1000メートルで銅を獲得した高木美帆(日体大助手)と姉の高木菜那(日本電産サンキョー)、佐藤綾乃(高崎健康福祉大)が出場した。スタート直後、先頭の高木美がスピードを緩める場面があったが、中盤以降、地力を発揮。オランダに0秒48の差をつけられたものの、危なげなく準決勝に進んだ。(五輪速報班)

このニュースの写真

  • 日本、一瞬ヒヤリ スタート直後タイムロスも2位で準決勝進出 女子団体追い抜き

「平昌五輪2018」のランキング