産経ニュース

【平昌五輪】フィギュア界、24歳は「年を取り過ぎ」? 史上3人目トリプルアクセル成功の長洲未来、周囲の声に発奮

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
フィギュア界、24歳は「年を取り過ぎ」? 史上3人目トリプルアクセル成功の長洲未来、周囲の声に発奮

団体女子フリー トリプルアクセルを跳ぶ米国の長洲未来=12日、韓国・江陵アイスアリーナ(代表撮影) 団体女子フリー トリプルアクセルを跳ぶ米国の長洲未来=12日、韓国・江陵アイスアリーナ(代表撮影)

 平昌冬季五輪のフィギュア団体女子フリーで、女子では史上3人目となる五輪でのトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させ、太ももに貼ったスポーツテープが話題となった24歳の長洲未来(米国)が、21日から始まる女子シングルを前に、周囲の“余計なお世話”に発奮したことを明らかにした。

 中国国営新華社通信によると、長洲は今季、練習でトリプルアクセルを成功させていたが、平昌五輪代表選考会を兼ねた1月の全米選手権では、オーバー・ローテーション(回り過ぎ)になってしまった。

 「多くの人は私に言ったわ。『君にはトリプルアクセルは飛べない。君は年を取り過ぎている』って。でも、ここ(平昌五輪)で私はトリプルアクセルを成功させた」

 日本人を両親に持つ長洲は12日の団体女子フリーで、五輪では過去、伊藤みどり、浅田真央という2人の日本人スケーターしか成功させていないトリプルアクセルに挑み、しっかり着氷してみせた。

 さまざまな競技で選手寿命が延びている昨今、長洲はまだ24歳の自分を、ベテラン扱いする周囲の声に反発している。

続きを読む

このニュースの写真

  • フィギュア界、24歳は「年を取り過ぎ」? 史上3人目トリプルアクセル成功の長洲未来、周囲の声に発奮
  • フィギュア界、24歳は「年を取り過ぎ」? 史上3人目トリプルアクセル成功の長洲未来、周囲の声に発奮
  • フィギュア界、24歳は「年を取り過ぎ」? 史上3人目トリプルアクセル成功の長洲未来、周囲の声に発奮

「平昌五輪2018」のランキング