産経ニュース

【平昌五輪】まさか、スイスから平昌まで1万6000キロ走破とは…スイス選手の両親、息子見たさに自転車で 選手本人は「クレージー」

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
まさか、スイスから平昌まで1万6000キロ走破とは…スイス選手の両親、息子見たさに自転車で 選手本人は「クレージー」

フリースタイルスキー・エアリアルに出場したスイスのミーシャ・ガッサー=17日(AP) フリースタイルスキー・エアリアルに出場したスイスのミーシャ・ガッサー=17日(AP)

 いくら「親バカ」でも、何もそこまで。ただ、自分たちで楽しむ世界旅行の一環と考るなら、あり得なくはない…。

 18日、平昌五輪フリースタイルスキー・エアリアルに出場したミーシャ・ガッサー(スイス)の父グイド・フビラー(55)、母リタ・ルットマン両氏がスイス・チューリヒを自転車で出発し、約1年かけて平昌にたどり着いたことが話題となっている。息子の試合を見るためだ。

 スイスからイタリア、クロアチアなど欧州7カ国、トルコ、アルメニア、イラン、アゼルバイジャンなど中東・中央アジア9カ国、タイ、ラオス、カンボジア、韓国のアジア4カ国の20カ国10000マイル(1万6000キロ)を走破。

 むろん、北朝鮮国内は走ることができず、中国政府からも許可が下りなかったため、途中で航空機も利用した。「完全走破」とはいえないが、米紙ワシントン・ポスト(電子版)は「10000マイルは10000マイルだ」と、その“偉業”をたたえる。

 父フビラー氏はロイターテレビに対し「私たちを心待ちにしている息子がいた。心が震えた。言葉もない」などと感動した様子で旅程を振り返った。

続きを読む

「平昌五輪2018」のランキング