産経ニュース

【平昌五輪】惨敗から気持ち切り替え スノーボード女子・鬼塚雅、安定感重視

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
惨敗から気持ち切り替え スノーボード女子・鬼塚雅、安定感重視

女子ビッグエア予選を終え、笑顔で引き揚げる鬼塚雅=平昌(共同) 女子ビッグエア予選を終え、笑顔で引き揚げる鬼塚雅=平昌(共同)

 スノーボード女子スロープスタイルで19位と惨敗し、鬼塚は「五輪はあんまり好きじゃないな」と漏らした。それから1週間、気持ちを奮い立たせてビッグエア予選に臨み「とりあえず予選を(勝ち)上がるような技をした」と安定感重視の横2回転半技で7位につけた。

 昨年3月の世界選手権。スロープスタイルで3位に入ったが、ビッグエアは予選で技の難度を抑えて落選した。ガサー(オーストリア)が女子の試合では史上初めて軸をずらして縦2回転、横3回転する「バックサイドダブルコーク1080」を成功させ優勝した。

 大技を目の当たりにし、気持ちに火が付いた。難しい技に挑むことが楽しくて始めたスノーボード。ガサーに追いつけ追い越せと、まずは同じ技を習得することに励んだ。今季の実戦で披露できなかったものの「いつでも出せる」と自信を持てるまでの準備はできた。「もう少し技のクオリティーを上げたい。もう一日あるので練習でしっかり合わせていきたい」と修正し、再び空を舞う。(共同)

「平昌五輪2018」のランキング