産経ニュース

【平昌五輪】3エンド残しギブアップ カーリング女子 日本、世界女王に完敗

平昌五輪2018 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌五輪】
3エンド残しギブアップ カーリング女子 日本、世界女王に完敗

日本-カナダ 第3エンド、ショットを放つ藤沢。左は吉田夕=江陵(共同) 日本-カナダ 第3エンド、ショットを放つ藤沢。左は吉田夕=江陵(共同)

 カーリング女子でLS北見の日本は、昨年の世界選手権を制したカナダに3エンドを残してギブアップの完敗。司令塔役のスキップ藤沢は「相手どうこうより、自分たちがいつも通りにできなかった」と肩を落とした。

 第5エンドの4失点が重かった。先攻のカナダの最終投が鮮やかで、ハウス(円)内にカナダのストーン4個が密集した状態に。エンド最後の石を投げる藤沢は円心にぴたりと止めれば1得点だったが、手前のカナダの石に当ててしまい、1-6と突き放された。

 全く歯が立たなかったわけではない。第2エンドは、ハウス内にカナダの石が3個あった大量失点のピンチをしのいだ。藤沢のエンド最終投はハウス手前にかかった日本の石に狙い通り当たり、円心に最も近い位置に押し出した。世界女王も顔をしかめる絶妙なショットだった。終盤に入ってすぐに逆転を諦める屈辱の展開。吉田夕は「たくさん変えるべきところがあった」と出直しを期した。(共同)

このニュースの写真

  • 3エンド残しギブアップ カーリング女子 日本、世界女王に完敗

「平昌五輪2018」のランキング